【超高性能】激安ペンタブをレビューしてみた|VEIKK S640

コスパ最強ペンタブガジェット
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

こんばんは!こうちゃです。

今回の記事では、「VEIKK S640」という激安ペンタブを約2ヶ月使用してみたレビューをしていきたいと思います。

本記事では、個人的な意見を含みますので
ゆったり見ていってもらえれば幸いです!

商品の概要

今回紹介する商品はコチラです。

記事を書いている時点では(2022年9月17日)、セールが行われており

3,560円 → 3,310円 の250円OFFになっています。

使用してみてのメリット

・ペンの充電が不要

なんと、このペンはワイヤレスでありながら充電の必要がありません
これには驚きです。

本来ならば、充電で稼働しそうなペンですが、この商品は充電不要が施されています!

・右利き、左利きのどちらにも対応

これについては、右利きの人が左利き用のモードで使う場合もあります。
実際に、私も左利きモードで使ってみましたが、使用感に差は全く感じませんでした

やはり、どちら利きでもしっかりと対応されているみたいですね!

・専用アプリでお好みの設定に変更できる

TabletDriverSetting」というアプリケーションによって、詳しい設定が可能です。

例えば、ペンに付いているボタンに何のキーを割り振るのか
ということを指定できたりします。

日本語に自動翻訳されているようなので、少し不自然な所もありますが
理解することは出来るはずなので問題はなさそうでした。

使用してみてのデメリット

・ありません!!

私が使用した限りでは、デメリットは全く感じませんでした。

遅延なども全く感じず、反応しないなどの不具合も起きませんでした。

この値段で、このパフォーマンスとなると
とてもコストパフォーマンスの高い商品と言えるのではないでしょうか。

さいごに

いかがだったでしょうか?

今回は、「VEIKK S640」というペンタブを約2ヶ月使用してみての感想や使用感などをゆったりレビューしてみました。

この商品は、とてもコスパが高く、使用感も良いのでぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました