【旧バージョン】「役職パネルv2」の使い方を徹底解説|作成/削除

role-panel-boDiscord
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!こうちゃです。

みなさん、「役職パネルBot」を使う際に
・「コマンドが分からない…」
・「このエラーってどうすれば対処できるんだろう…」
と悩んだことはありませんか?

今回の記事では、「役職パネルBot」の使い方を徹底解説していこうと思います!

それでは、ぜひ最後までお読みいただければ嬉しいです!

この記事は役職パネルの旧バージョンである「役職パネル v2」の紹介記事です。

最新版の「役職パネル v3」を解説している記事はコチラになります!

「役職パネルBot」とは?

「役職パネルBot」は、kesigomonさんによって作成されたBotです。

リアクションをするとロールが付与されるという画期的なBotが有名になり、
今では超大人気Botになっています。

9月末の時点では、13,000サーバーへ導入されており、
開発者様からは歓喜の声が見られました。

また、「役職パネルBot」は
先日開発終了となったDiscord.pyで開発されており、
現在は「スラッシュコマンド」への対応などをするように開発を進めているとのことです。

Discord.py開発終了に関する動画はコチラ↓

使用方法

それでは早速、使い方を解説していこうと思います。

本記事では、
・パネルの作成
・パネルの削除
2項目を解説していこうと思います!

パネルの作成

基本の形は、こんな感じです!

!rp2 add りんご バナナ –create –tag 果物 –channel #test

上のコマンドを実行すると、
テストロール」というロールが自動的に作成され、
#test」というチャンネルにパネルが作成されるようになるコマンドです。
それでは、少し細かく見ていきましょう

!rp2

!rp2」は、prefixという頭文字で、
どのBotを操作するかの合図のようなものなので、必ずつけてコマンドを入力します!

add りんご バナナ

ここでは、「追加する」という意味である「add」を入力しています。

その後に、ロール名を入れてあげます。

こちらに作成済みのロールを入れたい場合は、
–create」という引数を消せば大丈夫です!

複数のロールを入れる場合には、
ロール名の間に半角スペースを空けてコマンドを入力します。

–create

こちらは、前述の通り
新しく自動でロールを作成してもらいたい場合につけましょう。

–tag 果物

この「tag」という引数は、パネルの名前のようなイメージで大丈夫かと思います。

パネルの説明を簡潔に「タグ名」のところに入れてあげれば良いと思います。

尚、このタグ引数を付けない場合は「デフォルト」というタグ名が付きます。

–channel #test

この引数は、特定のチャンネルにパネルを送信したい場合に付けます。

尚、このチャンネル引数を付けない場合は、
コマンドを実行したチャンネルにパネルが作成されます。

パネルの削除

それでは、パネルの作成方法を解説したところで
次は「パネルの削除」の方法について解説していきます!

基本的には以下の形になります。

!rp2 remove りんご –tag 果物 –channel #test

ちなみに、これを実行すると
#test」のチャンネル内の「果物」というタグが付いているパネルの
りんご」というロールをパネルから削除できます。

このコマンドを実行しても、
サーバーからロールが消えることはありません!

引数は「パネルの作成」とほぼ一緒なので、
引数の説明は割愛させていただきます!

まとめ

・パネルの作成の基本形はコチラ↓

!rp2 add りんご バナナ –create –tag 果物 –channel #test
・パネルの削除の基本形はコチラ↓
!rp2 remove りんご –tag 果物 –channel #test

さいごに

ということで、いかがだったでしょうか?

今回は、役職パネルBotの使い方を解説してみました。

もし、他に使い方を説明してほしいBotがある場合は
以下のお問合せフォームなどからご連絡をいただければ幸いです

お問い合わせ
本ページは、「こうちゃブログ」に関するお問い合わせの際にお使いいただければ幸いです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました